私の応援団@パン教室toss®︎祇園校

5月も終わり、梅雨入りも間近ですね。

じめじめとしたこの時期、少し憂鬱。洗濯物も乾かないし、小さなお子様がおられると外で遊べないし、親子ともにストレスたまりますね。

金曜日担当の下田です。

1月から始まった、パン教室toss®祗園校、早いもので5ヶ月が経過しました。

生徒さん募集に悪戦苦闘する中、1月よりずっと通ってくださる4人組がおられます。

還暦過ぎた私より年齢が上の方たちばかりの、人生の先輩のグループです。

私が毎週水曜日に参加している体操教室で知り合った方々。パンを作るのは初めての皆さんです。

体操教室でさりげなく「パン教室に来られませんか」とお誘いしたところ、最初はお付き合い程度の気持ちでレッスンに来られたのだと思います。

お付き合いだろうとなんだろうと、私にとっては。レッスンに来てくださった最初の貴重な生徒さん達でした。

初めてのレッスンでみなさんも講師も感激!

寒かった1月、初めてパンを捏ねることを味わって、捏ねあがったパン生地の気持ちよさに感動し、焼きあがったパンのおいしそうな香りに、すっかり手捏ねパン作りの虜になられたみたいです。

だんだんレッスンの回を重ねて、スタンプカードの印も5つ目を押させていただきました。

それぞれのご家族のお話、今まで年齢をかさねてこられていろんな体験をしたお話、若かったころのお話など、話題が尽きることなくレッスンの間中、とてもにぎやかです。

その中のKさん、62歳までバリバリのキャリアウーマンとして働いておられ、今はゆうゆう年金生活を送っておられますが、息子さんのお嫁さんと仲がしっくりいかなくて、近所に住むお孫さんとも会えないと愚痴をこぼされていました。

それが、レッスンで焼いたパンを持って行ったところ、お嫁さんやお孫さんがとても美味しかったととても喜ばれたとか。

お孫さんが次は何のパンを焼くのかと楽しみにしておられるご様子で、4月は『大葉と白ゴマのベーコンエピ』、5月は『ミルクフランス&明太子フランス』と毎回レッスンで焼いたパンを持って会いにいかれているとのこと。

レッスンで焼いたパンが、ささやかながらご家族の仲を取り持っているお話に、講師としてうれしい限りです

手捏ねパンを通して、ご家族や知人の絆が生れたり笑顔がふえたりすることは、パン教室toss®︎として、一番うれしいことです。

ご自分の手で捏ねたパンは、いろんな人を笑顔にしていきますね。

この4人のグループの皆さんは、私の一番の応援団です。

6月のレッスンでは『リモーネ』でご予約いただいております。

この『リモーネ』、レモンの酸味を利かせた夏にお奨めのパンです。

レモンのコンポートをのせて焼いているのですよ!

前回のレッスンでご試食用にお出ししたところ、「来月はこのパンがいい!」と、みなさん口を揃えておっしゃられました。

広島県産のレモンンも調達しました。

また、たのしいレッスンの時間になることでしょう(笑い)

ご予約はコチラのカレンダーから!

ご予約はカレンダーから好きな日にち、時間をクリック!
ご不明な点がございましたら、下のメッセージ欄でお聞かせください。

またご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

予約カレンダー

2021年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年12月

※ご予約後に yoyaku-gion@toss-takase.com より自動返信メールが届きますので、迷惑メールフィルターをご利用の場合は、こちらのアドレスから受信できるようご予約前に設定をお願いいたします。
また、自動返信メールが届かない場合は「迷惑メールボックス」のご確認もよろしくお願いいたします。